【プルエストの使い方】勘違いはもったいない!効果を最大限にする洗顔手順と注意点をおさらい

プルエスト洗顔 効果的な使い方

プルエスト洗顔の効果的な使い方を解説します。

正しい手順で洗顔することでマンナンジェリーの吸着効果を最大限に引き出しましょう。

プルエストの効果を引き出す正しい使い方

効果的な洗顔手順

手順1)先に顔を濡らしておく

プルエストで洗顔を始める前に、あらかじめ水orぬるま湯で顔を濡らしておきます

ジェルの馴染みを良くして、プルエスト洗顔の効果を引き出すのに重要です。

洗顔時のお肌の摩擦軽減にも大切な手順です

手順2)プルエストを手に取って顔に塗る

適量(500円玉大)のジェルを手に取り、そのまま顔に伸ばします。

ここで泡立てないことがポイントです。そのままです!

泡ではなくジェルで潤いを与えることで汚れを浮かします。

手順3)そのままマッサージする

指の腹を使って、顔全体を優しくマッサージしていきます。

「マンナンスクラブ」のつぶつぶが感じられます。

こんにゃく由来の角ない粒子なので肌を傷付ける心配もなく、優しく古い角質を吸着。

マッサージ効果で血行促進も期待できます!

手順4)しっかりと洗い流す

きめ細かい泡が立ちはじめたら、水orぬるま湯でプルエストをしっかりと洗い流します。

肌に優しい成分しかないプルエストとはいえ、汚れを吸着したマンナンの粒が残っていたらお肌にストレスとダメージが残ってしまいます。

洗顔成分が残らないようにすすぐようにして下さい。

なおプルエストはパーフェクトホイップなどの洗顔料のように、サッパリスッキリ!という洗い上がりにはなりません。

うるおいのヴェールで1枚膜が貼ったような感じが残るかもしれませんが、すすぎすぎないようにして下さい

 

以上で洗顔終了です。

プルエストの洗顔でツルツル&クリアなお肌を目指しましょう!

→ 使い方もカンタンなプルエストを試す

プルエスト洗顔方法

洗顔方法を間違うと逆効果になってしまいます

毎日のスキンケアで1番大切なのが洗顔!

どんなに質の良い化粧水やクリームを使っても、洗顔方法を間違えてメイクや古い角質が落ちきっていないままのお肌では逆効果です。

かといって、力任せにゴシゴシ洗ったり洗浄力の強い洗顔で必要な皮脂まで落としてしまうと乾燥や敏感肌の原因に…。
「落とす」と「潤す」は矛盾しているようで、洗顔選びはなかなか難しいものです。

そこで開発されたのがプルエストのジェル洗顔!正しい洗顔方法を実践して健やかお肌を保ちましょう。

 

私が実際にプルエスト洗顔を試してみたレビューは別ページで公開中です。
> PLUEST洗顔の体験レポート <

 

タイトルとURLをコピーしました